SE 環境

デスマーチになりやすいSEの仕事環境

SEの仕事に就いた動機とは?現実とのギャップに苦しむSE

SE(システムエンジニア)とは、情報システムの職域をあらわす和製英語で、要求定義・設計・構築・運用に従事する職のこと。より狭い意味では、情報システムの開発に携わる者 とりわけ設計開発者のうち上級の者。

 

つまり SEの仕事は、企業に向けて どのような情報システムが必要なのという構想を練り、どのような仕組みにすべきなのかを具体的に検討し、実際に情報システムを作って 作ったあとの面倒もみることです。

 

こうしたSEの仕事に就いている人は多いですが、その動機は 主に2つ挙げられます。

 

一つは、ITがこれからの企業活動にとって重要なファクターになるので SEとして顧客の役に立ちたいというもの。顧客にこだわって就職したわけですから、当然のことながら 顧客との接点を大切にしながら仕事しようとします。また、顧客のニーズを理解して引き出し提案する ということに遣り甲斐を感じたりもするものです。

 

それに対して もう一つは、昔からプログラムを組むのが好きだったからというもの。つまり、テクノロジーにこだわって就職した人たちで、自分で作ることや独創性などを大切にする傾向にあります。

 

 

SEの仕事をツラくしている原因として 理想と現実のギャップが挙げられますが、同じ作業を何度も何度も繰り返さざるを得ない状況も 一因のようです。情報システムのエキスパートによると、プロジェクト管理やシステム開発などの標準化が、航空機業界や建設業界など 他の成熟業界と比べると 道半ばだそうです。

 

確かに 私も昔、詳細設計書(プログラムを作成するにあたり直接参照する設計書)を書きながら、「分かりずらい」「まわりくどい」と感じたものです。といっても 今は、さまざまな標準化団体が プロジェクト管理やシステム開発などの標準化を進めているので、その当時よりも進歩を遂げていると思われますが...。

 

ただ、口頭もしくは文章表現上のコミュニケーションミスによる 設計ミスや矛盾を埋める作業は、いつの時代でもあるものです。つまり SEの仕事は、プログラムあるいはシステムの完成に向けて 直線的に進めるわけではなく、デスマーチになりやすいのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ