SE

求められるスキルが異なるピラミッド型のキャリアパス

プログラミングスキルのみに執着するSEは悩む結果に・・・

2002年に経済産業省が策定した ITSS(ITスキル標準)では、IT業務従事者の職種や階層は 詳細に定義されています。ただ、日本の多くのシステムインテグレーターでは、プログラマー→システムエンジニア→プロジェクトマネジャーという キャリアパスが主流となっているのです。そして、こうしたピラミッド型のキャリアパスが SEの仕事を辛くしている一因だったりするようです。

 

まず、ピラミッド構造ということで 上の階層に行ける人数に限りがあります。つまり、SEからPMへの昇進は 狭き門となっているのです。

 

また、階層によって求められるスキルが 大きく異なってきます。PGなら プログラミングスキルさえあれば 高く評価されます。しかし SEに昇進すると、顧客との接点が増加するので コミュニケーションスキルが求められるようになります。

 

さらに PMになると、リーダーシップや管理能力が問われるようになってきます。と言っても、これらは 社会人として備えておくべきスキルばかりなので、特別 難しいことを要求されているわけではありません。

 

ただ、テクノロジーにこだわって就職した人にとっては、プログラムを作ることに喜びを感じるものです。ですから、コミュニケーション能力やリーダーシップと言われても、関心がなかったり まったく適性がなかったりするようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ