転職

数年後の未来の自分をイメージ

中期的な目標を見据えた上で転職すべきです

10年や20年先のことを思い描いても、漠然とし過ぎていて 実際にどうしたらいいのか分からないこともあります。

 

そこで、40歳時点での年収とキャリアゴールを決めたら、中期的な目標を考えてみます。まず、3年後の自分を具体的にイメージします。

 

 

◇ いまの組織にいますか?
◇ ノーと答えた人は、どのような業界にいますか?
◇ どんな職種に就いていますか?
◇ ポジションは何ですか?
◇ この3年で身に付けた新たなスキルは何ですか?
◇ 収入はいくらですか?

 

次に、5年後の自分を具体的にイメージしてください。

 

◇ 2年前と同じ組織にいますか?
◇ ノーと答えた人は、どのような業界にいますか?
◇ どんな職種に就いていますか?
◇ ポジションは何ですか?
◇ この2年で身に付けた新たなスキルは何ですか?
◇ 収入はいくらですか?

 

 

夢のレベルであった将来像が、現実可能なこととして捉えられるようになりましたか?もしかすると、将来の目標に到達できそうにないと感じた人もいたかもしれませんね。

 

その場合には目標を見直してみる必要がありますが、できれば 将来の目標をレベルダウンするのではなく 中期計画のハードルを上げるべきです。目標というのは、普通に過ごしていて到達できるようなものではなく かなり努力しないと到達できないものであるべきですからね。


ホーム RSS購読 サイトマップ