転職 エージェント 仕事 紹介

希望の仕事を紹介してもらえないケース

エージェントは最も採用の可能性の高い案件をチョイスする傾向があります

転職エージェントは 求人企業から手数料を頂戴するかわりに、よい人材を紹介することをコミットしています。すなわち、キャリアのある人に 経験してきた分野の仕事を紹介して応募させるわけです。そのため、「自分が望む仕事を紹介してもらえない」ということが しばしばあるようです。

 

例えば、ERPパッケージの開発経験が長いNさんは WEB系システムのPMをやりたいと考えています。ところが エージェントは、ERPの開発エンジニアを募集している会社を勧めるわけです。「Nさんだったら、間違いなく受かりますよ」と言ってね。ただ、Nさんにしてみれば、ERPの開発には興味なし。「WEB系の仕事を紹介してください」となるのです。

 

チャレンジしてみたい夢や希望や欲は、誰にでもあります。ただ 冷静に考えると、キャリアの可能性というのは 自分の経験の延長上に広がっているものです。ですから、ERPが得意ならば ERPの仕事を探すのが、結果的に よい将来に繋がるはずです。そして、エージェントは確実性を大切にしているため、WEB系の会社をなかなか紹介しないわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ