転職 エージェント

転職エージェントはドコで利益を出しているのか?

利益を追求する企業としての転職エージェントの側面

転職エージェントは求職者に仕事を紹介していますが、善意だけで ボランティアとして活動しているわけではありません。当然、稼ぎを得ているわけで、それは 求人企業から一定の手数料を頂戴することで成り立っています。ただ、手数料を頂戴できるのは、紹介した求職者が入社した場合。ですから、エージェントを頼る皆さんが転職してくれない限りは 1円も稼げないわけです。

 

求職者からすると 無料で転職支援を行ってもらえるわけですから、一見すると メリットばかりのように感じます。ところが、この 企業から手数料を得るというビジネス形態が、デメリットになる面もあるのです。

 

内定が出た際に エージェントは、企業のためだけでなく 自分のためにも その企業に入社してほしいと願います。そして 場合によっては、願うだけでなく 求職者に対して直接的にプレッシャーをかけてしまうことがあるのです。例えば、「この業界で相当な力を持っている会社だから、内定を辞退してしまったら、今後この業界では仕事しづらくなりますよ」と いった感じでね。

 

すべてのエージェントがプレッシャーをかけるわけではありませんが、この点は 内定をもらった段階にならないと知り得ないことなので、ある程度 覚悟しておいた方がいいかもしれません。また、例えエージェントがプレッシャーをかけなくても、企業から手数料を得ていると考えた求職者の方が 恐縮してしまうこともあるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ