転職 公募

公募のメリットとデメリットとは

唯一のメリットは誰にも気兼ねなく応募できることだけ

企業にアプローチする方法として最も一般的なのが 公募です。

 

公募のメリットは、誰にも気兼ねする必要がないことです。今までのキャリアは関係なく、したい仕事ができそうな求人に 自由に応募することができるのです。また、面接の途中で辞退しても あるいは内定を辞退しても、誰にも責められることはありません。といっても、求人企業への配慮は必要ですが。

 

また、採否のボーダーラインでの決定要素のひとつにもなりえます。
例えば、公募のAさんとエージェント経由のBさんの評価がほぼ同じで 採用人数が1名の場合です。人事担当者は大いに悩むわけですが、最終判断する際にポイントとなるのが コストです。

 

転職エージェントを通して採用する場合 手数料を支払うことになりますが、公募の場合には その必要がありません。つまり、Bさんを採用するとエージェントに支払う手数料が発生するので、転職エージェント側からアクションがない場合、コストの発生しないAさんを採用しようとなるわけです。しかし多くの場合、エージェントからの最後の猛プッシュがあるためBさんが採用されることが多いのが現実ですね。

 

公募のデメリットとしては、自分一人で何事も解決しなければならないことです。いま勤めている企業の上司や同僚には相談しにくいですし、多少の意地があって 学生時代の友人にも相談できなかったりしますからね。なお、相談できる相手がいないことは 想像以上に孤独です。覚悟して 転職活動を行ってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ