自己PR 方法

自己PRでアピールできるものがない場合の対処法

自分が持っている中で一番の強みは?

職務経歴書の書き方が分かったとしても、「アピールできることがなく書き進められない」という方も 何人かいることでしょう。

 

そこで、どうすればいいのかについて考えてみます。
アピールするものがないと思い込んでいる人は、「優秀な社員たちに比べて 自分のできることは大したことない」と感じているのではないでしょうか?

 

しかし、自分を相対的に評価する必要はないのです。「他の人よりも優れている点は?」と問われているのではなく、「あなたの強みは?」と問われているわけですから。自分が持っている中で一番の強みをアピールすればいいわけです。

 

「自分は何が得意?」「仕事で一番頑張ったことは?」「他人からどこを褒められる?」などと考えてみてください。必ず一つや二つは、強みと言えるものがあるはずですから。

 

強みを考えるうえで大切なのは、「大したことないな」と卑下しないことです。そもそも転職活動というのは、自分を売り込む営業活動のようなものです。例えば、「大した製品ではありませんが、よかったら買ってください」と言われて、あなたは その製品を買いたいと思いますか?思いませんよね。

 

でも、アピールすることがないというのは こうした状況にあるわけで、それなのに転職しようとしていること自体 問題と言えます。転職を成功させるためには、自分を売り込むしかありません。ですから、「大したことある」と自信を持つ必要があるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ