面接 応募書類

応募書類で好印象を残す方法

職務経歴書はニーズを理解して作成することが大切

職務経歴書について 企業が「あなたの魅力を売り込んでください」と考えているのだとすれば、「会ってみたい」と思わせるように書けばいいことになります。そこで、求人企業のニーズをとらえ 自分がそのニーズを満たす人物であることをPRしていきます。

 

例えば、大規模プロジェクトのPM募集の場合です。

 

・大規模システムの導入プロジェクトに参画したことがある
・マネージャーとして部下の管理経験がある
・スケジュールや予算管理の経験がある
・複数の利害関係者の意見を調整できる

 

といった人を採用したいと考えている と推測できるでしょう。
また、ERPパッケージを導入している企業の社内SE募集の場合には、

 

・システムの要件定義の経験がある
・同社が導入しているERPパッケージの導入経験がある
・システム開発だけでなく運用を経験したこともある あるいは 運用にも気を配ることができる
・複数の利害関係者の意見を調整できる

 

といった人の採用を考えようとするはずです。

 

 

まずは、応募する企業や職種で求められる条件を理解することが大切です。そのうえで 職務経歴書を作成し、「その職を引き受けるだけの知識や経験がある」と評価してもらえれば 書類選考をパスできること間違いなしでしょう。

応募書類で好印象を残す方法記事一覧

職務経歴書は営業ツール

転職活動において企業に提出すべき書類として、履歴書と職務経歴...

≫続きを読む

 

職務経歴書の形式は主に2つ

職務経歴書には、決まった書式がありません。とはいえ、編年体式...

≫続きを読む

 

職務経歴書の構成要素は5つ

職務経歴書は 編年体式とキャリア式に分けることができますが、...

≫続きを読む

 

職務経歴書の冒頭に記載すると好印象なコト

書類選考の過程において 人事担当者は、例えば転職回数の多い人...

≫続きを読む

 

活かせる知識や経験欄は箇条書きで書くべし

職務要約の次は、活かせる知識や経験を記入します。できること、...

≫続きを読む

 

コメント挿入で職務経歴をアピール

職務経歴は 表形式で表現しますが、SEの職務経歴書では 参画...

≫続きを読む

 

職務経歴書でコミュニケーション能力をアピールする方法

自己PRとして コミュニケーション能力を挙げる人は少なくあり...

≫続きを読む

 

自己PRは淡々とした文章で印象づける

転職を成功させるには、まず書類選考を通過しないことには話にな...

≫続きを読む

 

自己PRでアピールできるものがない場合の対処法

職務経歴書の書き方が分かったとしても、「アピールできることが...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ